20代オシャレ女子のための「it STYLE」オールアバウト☆

出演モデル約450名、出演者Instagram総フォロワー数800万人突破!
モデル、インフルエンサー、読者モデルなどオシャレガールズのリアルなコーデを毎日19時に更新☆

パープルを効かせたエレガントな
着こなしが女っぷり向上に大活躍!

「意識したのは”甘めのカジュアルコーデ”♡ 白に近いパステルピンクのロングコートはFree's Martのもので、ヒザ下の長過ぎない丈感とノーカラーのデザインがお気に入り。すそがレースになったチェックスカートもFree's Martで買いました! ハイネックトップスはノーブランドなんですが、あまり見かけないパープルの色味が可愛くて通販で購入。シンプルな黒ブーツはESPERANZAのもので、ショルダーバッグは人気のGUです!」

三沢蓮

99
2
  • ノーカラーロングコート 約¥9,000 / Free's Mart
  • タートルネックニットトップス 約¥3,500
  • チェック柄スカート 約¥4,500 / Free's Mart
  • ショルダーバッグ 約¥3,000 / GU
  • ショートブーツ 約¥7,000 / ESPERANZA
  • パールネックレス 約¥300 / Lattice
  • ベレー帽 約¥4,500

アイテム、価格はすべて出演者の自己申告です。

  • 三沢蓮

    ゆるふわミディにホワイトベレーで甘さをプラス♡

  • 三沢蓮

    シンプルなバイカラーバッグはGUでコスパ最強

  • 三沢蓮

    オシャレの相乗効果を生む同色のソックス&シューズ

  • 三沢蓮

    アイキャッチーなチェック柄がトップスとマッチ

  • 三沢蓮

    お値段以上確実なパールネックレスは約¥300♪

三沢蓮

三沢蓮サン (158cm)

モデル・22歳


Photographer/Michihiro Shimizu(f-me)

※三沢蓮サンへお仕事依頼

itSnapの最新コーデをチェック

北川りな

北川りなサン (160cm)

フリーモデル・24歳

北川りな

75
2

ハンサムとレディが融合する黒メインの
ライダース着こなしで視線をさらう!

「定番のZARAのライダースに、脚長に見えるシルエット&花柄がとっても可愛いロングワンピ(GYF Tokyo)を合わせたモノトーンコーデ☆ ライダースをあえて肩がけにして、こなれ感を出した着こなしにしたのがポイントです。そして、ショートブーツ(RANDA)はスタイルアップが狙える厚底をセレクトしつつ、ワンピとブーツの間から少し肌を見せてヌケ感をつくりました。バッグはグリッター素材のチェーンミニバッグ(DIANA)なんですが、チェーンを外してクラッチバッグとしても使える優れものです♪」

山野井まやか

山野井まやかサン (157cm)

モデル・24歳

山野井まやか

122
2

レザーライダースを優しげベージュの
ニットスカートでマイルド仕上げ♫

プチプラ(約¥2,900)なのに体のラインがキレイに見えるスリット入りのリブニットロングスカート(CHILLE)に、黒のライダースジャケット(EGOIST)を合わせてみました☆ ライダースはどんなアイテムにもハマるし、風を通さないので秋だけでなく意外と冬も過ごせちゃいます。靴はエナメル素材のショートブーツ(Bershka)でカッコよさをプラス! そして、ちょっぴり変わった三角形のフォルム&太めのチェーンにひかれたバッグ(CHARLES & KEITH)をアクセントにしました♪

Kirari

Kirariサン (156cm)

タレント、モデル・20歳

Kirari

132
2

いさぎよいシンプルスタイルを
ネイルアクセでセンスよくアップデート♪

「ツイードとトレンチの切り替えが可愛いレイヤードコート(OSMOSIS)を主役にコーデしてみました♡ このコートは上のツイードショートコート部分が取り外しできて、別々に着まわしができる3Way仕様なんです。インナーはデコルテから肩まわりがレースになっている、フェミニンなワンピ(MIIA)を合わせて女の子らしく♡ 足元の黒ショートブーツは上品なベロア素材がポイント! 着こなしがシンプルな分、指先は私がデザインしたスタンプネイルリングをつけて遊んでみたんです♪」

長谷川真希

長谷川真希サン (162cm)

東京理科大学四年・21歳

長谷川真希

116
2

脚見せ&厚底スニーカーを合わせて
アクティブかつセクシーな印象♪

「ちょっぴり着崩す感じで羽織ったZARAのジャケットは白に近い淡いグリーンの色味に一目惚れ♡ 大きめサイズなのもポイントです。インナーはハイネックのタンクトップ(GAP)にしてさわやかにしつつ、ボトムに千鳥格子柄のキュロット(jóuetie)を合わせて秋っぽさを意識! そして、足元は厚底スニーカー(CHARLES & KEITH)でスポーティーなイメージに。仕上げに持ったバッグは日本では手に入らないブランド” Cambridge Satchel”の、レトロなレザーバッグです☆」

荒木双葉

荒木双葉サン (155cm)

フリーモデル・23歳

荒木双葉

113
2

ニット✕サテンの異素材MIXで
ブラウンワントーンにリズム感出し☆

「大きめサイズでリラックスして着られるUNIQLOのプチプラニットトップスは約¥1,900! それに、サテン生地が可愛いプリーツロングスカート(PAGEBOY)を合わせて、ブラウングラデーションの”ゆる✕ゆる”スタイリングにしてみました☆ 今季はアニマル柄が流行っているので、パイソン柄のブーティーを取り入れつつ、足首を見せてヌケ感を出してみたんです。バッグは古着屋さん見つけたユーズドのショルダーバッグで、レトロな色合いと大きなリボンにひかれて購入しました!」