20代おしゃれ女子のためのファッションメディア☆

海外ブロガー顔負けのファー着こなしは
モノトーンシンプルがカギ☆

「モノトーンでまとめたカジュアルなファーコーデ。手ざわりが最高なビッグサイズのファーコート(room306 CONTEMPORARY)は肩がけして着たのがポイント! ホワイトニットとブラックスキニーは両方Bershkaで、上下合わせても約¥5,000なんです☆ 基本はモノトーンでそろえつつ、FOREVER 21で買ったビビッドピンクのフラットシューズを差し色にして華やかさを出しました。ちなみにですが、このパンプス約¥1,200と激安なんです♡」

土岐田理沙

88
  • ファーコート 約¥25,000 / room306 CONTEMPORARY
  • ニットトップス 約¥3,000 / Bershka
  • スキニーパンツ 約¥2,000 / Bershka
  • ショルダーバッグ 約¥2,000 / FOREVER 21
  • フラットシューズ 約¥1,200 / FOREVER 21
  • ヒモチョーカー 約¥1,200

アイテム、価格はすべて出演者の自己申告です。

  • 土岐田理沙

    ハット&ピアスで盛って女性らしいショートヘアに

  • 土岐田理沙

    プチプラ(約¥2,000)に見えないミニバッグがNice

  • 土岐田理沙

    気取らず履けるフラットシューズはピンクをチョイス

  • 土岐田理沙

    タイトなシルエットでNot着ぶくれにイケる!

  • 土岐田理沙

    ブラック×ゴールドの高見え確実な組み合わせが◎

  • 土岐田理沙

    ブーム継続のチョーカーは太陽モチーフで出し抜く

土岐田理沙

土岐田理沙サン (160cm)

会社員・27歳

  • 好きなブランド:G.V.G.V、ZARA
  • よく読む雑誌:GISELe
  • オススメのアプリ:SNOW
  • 通っている美容室(担当): ALBUM SHIBUYA(森田サン)
  • Instagramアカウント:@risa_tokita


Photographer/Yohei Fujii(PEACE MONKEY)

※写真の商用利用は、株式会社アフロよりご購入ください。
※土岐田理沙サンへお仕事依頼

itSnapの最新コーデをチェック

9.18
Fri

にこるんプロデュース
“NiCORON”のデニムジャンスカが
アイキャッチーな一着!

Theme

安藤令奈

安藤令奈サン (154cm)

お茶の水女子大学三年・22歳

安藤令奈

122

itなデニムジャンスカはこの秋
ウエスタン風に着るのが大正解♡

「秋らしいこっくりとした色味と、バルーンそでが好みのスウェットトップスはPAGEBOYのアイテム。それを、藤田ニコルさんプロデュースのNiCORONのデニムジャンバースカートと合わせて、カジュアルに着てみました! このジャンスカは、シルエットとスソのフリンジが◎なんです。ちょっぴりウエスタンなイメージにしたかったので、フリンジショルダーバッグ(MOUSSY)を肩がけ。足元はDr.Martensのレースアップシューズを合わせつつ、ウエストにバイカラーベルト(LIP SERVICE)を巻いてスタイルアップも狙いました♡」

9.17
Thu

スリム見えするレトロな
千鳥格子柄セットアップで
2020秋の可愛いを総取り♡

Theme

石川真衣

石川真衣サン (153cm)

立教大学一年・19歳

石川真衣

124

クラシカルで大人っぽいブラウンメインの
セットアップ着こなしがNEW LOOK♪

「今日は小物以外、全部LIP SERVICEのアイテムでコーディネート! 主役のセットアップはベルトでウエストマークできるので、小柄な私でもいい感じに着られるがお気に入りです♪ インナーはデコルテが透けて見えるシアーニット(LIP SERVICE)を合わせて、女性らしさをON♡ 小物はMICHAEL KORSのチェーンバッグと、Dr. Martensのレースアップシューズを黒で統一しました。全体的に秋っぽく落ち着いた雰囲気にしてみたんです!」

9.16
Wed

Bershkaの薄色フレアデニムで
誰もがうらやむ美脚な
ジャケットスタイルが完成!

Theme

石田実来衣

石田実来衣サン (161cm)

日本大学二年・19歳

石田実来衣

120

雰囲気の出るH&Mのチェック柄
ジャケットがデニムをシックな装いに!

「このチェック柄ジャケット(H&M)はオレンジのラインがさりげなく入っていて、秋っぽいアクセントになるのがいい感じ。その中にオープンショルダーのデザインが◎のニットトップス(GRL)をインしました! そして、スソが広がったベルボトムの薄色デニムパンツ(Bershka)と、ステッチ入りブーツ(MOUSSY)を合わせて脚長に見せたのもポイント。仕上げにこなれ感が出るCOACHのウエストポーチをプラスした、このコーデのテーマは“友達とおしゃれカフェに行く時”なんです☆」

9.15
Tue

カジュアルなデニムに
ホワイト×パープルの可憐な配色で
お育ちいい系のあざと可愛さ♡

Theme

漆島七菜

漆島七菜サン (148cm)

東洋大学三年・20歳

漆島七菜

123

SLYのアウター×ニットで作る
清楚系デニムスタイルで秋本番!

「秋以降も暗くなりすぎず明るい印象で着られる白アウターと、ボリュームのあるバルーンそでのモックネックニットは、どちらもSLYで買ったお気に入りアイテム♡ なるべくバランスよく見えるようにボトムはEMODAのハイウエストスキニーデニムでやせ見えさせつつ、シンプルなレザーショートブーツ(ECCO)を合わせてスッキリと! バッグはコンパクトに見えて荷物がたくさん入るFURLAのチェーンミニバッグをセレクトしました♪」

9.12
Sat

クラシカルな雰囲気の千鳥格子柄
ユーズドセットアップが
似合いすぎて話題沸騰♪

Theme

生形由佳

生形由佳サン (160cm)

成蹊大学三年・20歳

生形由佳

122

甘めなシアートップスレイヤードで
ブラウンワントーンに奥行きを!

「千鳥格子柄のセットアップ(QUIED-PIE)を使って、秋っぽさを意識した着こなしにしました☆ このセットアップは30年くらい前の古着なんです。それに約¥1,000で買ったシースルーハイネックトップス(REORMIX)を合わせて、ちょっぴり甘いイメージをプラス♡ 肩がけしたジャケット(Radarista)は、今の季節に色味がぴったり♪ レトロなレザーハンドバッグ(CHANEL)もブラウンにしつつ、足元だけは黒のレースアップシューズで引き締めました。」